読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたなべのトレイルラン頑張ろう日記

足の遅い筆者がトレイルランニング頑張りたい日記です

2017/3/4-5 裏磐梯猫魔スキー場 家族旅行②

 

①の続きです。

2017/3/4-5 裏磐梯猫魔スキー場 家族旅行 - わたなべのトレイルラン頑張ろう日記

 

宿は①にも記載しましたが、

裏磐梯レイクリゾートに泊まりました。

www.lakeresort.jp

 

とても大きなホテルなのですが、朝夕のバイキング会場も広くて

開放感のあるエントランスも素敵です。

↓エントランス

f:id:hatakofuru:20170308163306j:image

 

子供たちがもっと小さいころに、ペンションタイプの宿でベッド3つとかで

宿泊をしたことがあるのですが、子供たちが夜中に落ちたり、

寂しいとかで私のベッドになだれ込んできたりで、熟睡できない!

ので、ここ数年は、「和室で布団」が鉄板です。

布団から転げても、騒がないしよく眠れます。 

 

↓障子の向こうは、窓。

エアコンが置いてあるのでそこに、手袋等並べておくと乾きます

f:id:hatakofuru:20170308163332j:image

 

裏磐梯レイクリゾートの和室は、1ルームタイプですが、

入り口サイドのクローゼットがとても広くて、スキーのウエア等を

4人分干してもまだ余裕がありました。

あと、最近のはやりでしょうか?お風呂に行く際に便利な手持ちかごも

置いてありましたし、スリッパにタグ付けする、ルームナンバー入りの洗濯はさみもかごについているので、お風呂に行く際にスリッパどこ置いても大丈夫ですね。

クローゼットに、ファブリーズが設置してあったのもポイント高いです。

 

大浴場もとても広くて、猫魔温泉も引いており、ゆっくりくつろげました。

 

 

 ↓スキークローク側にはちょっとした遊べるエリアも。雪玉作製おもちゃも置いてありました。

f:id:hatakofuru:20170308163458j:image

 

朝晩バイキングのコースでしたが、夕食は種類が多くて制覇しきれないほど。

子供たちも自分の好きなものを好きなだけ食べられるとあって、テンションがあがるようです。

会津の野菜も使っており、にんじんはとても甘くておいしかったです。

 

 

↓夕食バイキング

f:id:hatakofuru:20170308163524j:image 

↓夕食バイキング チーズフォンデュ

f:id:hatakofuru:20170308163538j:image

↓朝食バイキング

f:id:hatakofuru:20170308163553j:image

↓朝食バイキング 

f:id:hatakofuru:20170308163609j:image

↓朝食の会津野菜のポタージュ美味しくて、子供達お代わりしました。

f:id:hatakofuru:20170308163643j:image

 

猫魔のスキー場のセンターハウスにも更衣室はついてますが、駐車場の場所によっては

センターハウスが遠いので、ホテルを起点にして、チェックイン前、チェックアウト後も荷物を預けてスキーができるのはとても良かったです。

 

スキーだけでなく、スノーシューのツアーも人気のようで、夕方にはスノーシューを抱えた団体が外から戻ってきていました。

冬の五色沼エリアのスノーシューでのお散歩もとても楽しそう♪

いつかチャレンジしてみたいです。

 

2日目、帰りに、道の駅 猪苗代に寄りました。

開放的なつくりで、景色もいいです。

お土産から地場野菜などまで買うことができます。

インター目の前くらいの立地ですので、とても寄りやすいですね♪

 

↓道の駅 猪苗代からは磐梯山が目の前に見えます。

f:id:hatakofuru:20170308163705j:image

↓娘がおねだりして、赤べこを買って貰ってました(°▽°)

f:id:hatakofuru:20170308163727j:image

 

 というわけで、今回の福島でのスキー旅行も大変に満喫いたしました。

スキー場のレイアウト的にも気に入ったので、リピートしちゃうかも♪

 

みなさんも、是非、冬の福島に訪れてみてください。